都市産業研究会 平成1610月第2定例会

 

 日 時  平成161019日(火) 午後600分〜830

 場 所  商工会館 議員談話室 (新館4階)

 

定例会の概要

テーマ・・・相模原市の都市資源の有効活用を考える

「相模原の都市資源」及び「地域特性・資源」についての意見交換

<主な意見>は次のとおり。

(相模原の都市資源の追加事項)

23

宇宙研がある

24

物価が安い

25

国際大会のできるプールがある

26

スケート場がある

27

国際的、外国人が多い

28

ラーメン店が多い

29

人口が多い

30

実験都市である

31

都心に近く、山にも近い、豊富な緑が多い

32

平均年齢が若い

33

水道道公園、緑道がある

34

米軍基地がある

35

将来の空地がある

36

思い立ってから30分以内に、バーベキューの出来る河川敷がある

37

軍都計画によって市域が整っている

38

人間がローカルで暖かい

39

ダチョウがいる(農業特区)

40

お祭りが多い

41

ロードサイド店が激戦区

42

医療施設が充実

43

教育施設が充実

44

子供センターが多い

45

時代遅れの暴走族が頑張っている

46

特色ある大学がある(女子美術大学、麻布獣医大学)

47

地下から宇宙まで多機能な施設がある(シュルンベルジュなど)

48

スポーツ施設が多いが

49

ファミリ−レストランが多い

50

分散した核があり、地域内分権体制が整っている

51

軍都計画1,700haは日本一

 

(地域特性・資源の良いところの抽出)

1.

交通

タクシーが便利(親切で便利、代行が多い)

 

 

安心して飲めるまちにつながる

 

 

障害者用タクシー(介護タクシー)が多い

 

 

道が広い

 

 

迂回路も多い

2.

都市基盤

インフラ整備が充実している

3.

自然・環境

地盤が平ら

 

 

駅から公園までのハイキングコースがある

 

 

水がよい

 

 

空気がきれい

 

 

公害のない工場が多い(S33年の首都圏整備法で公害のない企業を誘致した。煙筒のない企業がくる→雇用の機会が生まれる→消費が生まれる)

4.

産業

色々な業種の産業が多い、不況に強い

 

 

標準的なものなら全て揃うまち

 

 

大規模災害に強いまち

 

 

リサイクルショップが多い(リサイクルショップのメッカ)

 

 

フリーマーケットが多い

5.

観光

新交通システム

6.

土地利用

 

7.

教育

公民館制度が充実している

 

 

図書館が駅周辺にある

 

 

市民大学校が充実(市民大学)

8.

文化

ホールが多い

 

 

地域コミュニティ

9.

健康・福祉

メディカルセンターが充実している

 

 

特養が多い

 

 

散歩者が多い(高齢者が散歩できるところが多い)

10.

安全・安心

自然災害が少ない

 

 

地域コミュニティ

 

 

消防団施設の充実(ネットワークができている)

11.

参加・協働

表題を「市民意識」に変えるほうがよい

12.

行財政

給食・清掃・住民票などの窓口対応は、パートでもよい

 

(まとめ)

  都市資源は財産と思う。これを洗出し将来どのようにできるか等の、活用方法を考えることが必要。

以 上